上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
近所のコミュニティーセンターに行き、その中にある図書室から絵本を借りてきました。
子供達が「退屈だー!」とうるさいので、ちょっとしたお出かけでもありました。
お金を使わず、人混みも避けて…。
セコイけれど堅実な過ごし方ではありますにがわらい

さて、今回借りたのは以下の5冊。
2007.1226絵本1_R  2007.1226絵本02_R
あやとりの本と電車の本は、それぞれ子供達本人が選んだもの。
絵本3冊は私の好みです。
「アルリィはゆうびんやさん」は、カエルのイラストに惹かれて選びました。
「やねうらべやのおにんぎょうさん」は、絵柄とその色調が気に入ったのと、作家名が気になったので借りてみました。
「てぶくろをかいに」は大好きなお話なので、是非子供達に読んで聞かせようと思い借りました。
小学校の国語の教科書(3年かな?)に載っていた、思い出深い作品です。
「おててがちんちんする」って子狐の台詞が可愛いのですおめめきゅるきゅる(授業で音読する際は、必ず笑いが起こっていたっけえへへ・・・

☆おまけ☆
今度ちょこっとお出かけする予定があり、場所が屋外なので、息子用にマフラーと帽子を買いました。
買ったお店は近くの100円ショップ。とことん節約してますえへへ・・・
2007.1226ニット_R
このニット帽など、100円とは思えない程いい感じじゃないですか?
てっぺんのふさふさが可愛いですよね♪
いい買い物が出来たなぁ~…と思ったのもつかの間。
息子の頭に入りませんでした
「キッズ ニットキャップ」とタグに書いてあるのに、小さすぎました(息子の頭がでかすぎ?)
今度は大人用のキャップを買ってみようと思います…。
  
スポンサーサイト
2007.12.26 
クリスマスから一夜明けましたが、昨日の朝の様子を。
今年のクリスマスプレゼントは娘・息子とも二つずつでした。
ひとつはサンタクロースにお願いしたおもちゃ。
もうひとつは親からの本でした。
2007.1225クリスマスプレゼント1_R

娘がサンタさんに頼んだのは「人生ゲーム」。
(ラッピングされた状態で撮影したかったのですが、早起きした娘に早々に開けられていました
2007.1225クリスマスプレゼント2_R

本当の本当はポータブルゲーム機が欲しかったようですが、まだ早いと言う事で諦めさせたのでした。
周りのお友達は皆持っているゲーム機ですが、どうも買い与えたいとはなかなか思えないのです。(とか言ってますが、次の誕生日(4月)にはプレゼントしようかなぁと思っていたりしてえへへ・・・

息子がサンタさんに頼んだのは「カーズ」のトレーラー(マック)。
2007.1225クリスマスプレゼント3_R

このおもちゃに決めたのは11月半ばでした。
最近になって「サンタさんから恐竜をもらう!」と言い出したのでどうなる事かと思っていましたが、本人は包みを開けて大喜びでした。

そして二人にプレゼントした本は図鑑です。
  地球      恐竜

このシリーズを集めようと思っていて、以前「植物」を買っていました。
今回は「動物」がいいかな?と思ったのですが、娘が欲しがったのは「地球」でした。
うーん、確かに、娘の知りたいことがぎっしり詰まっていそうです。
早速読み始めていますが、「“生命”って何?」「“支配”って何?」と、こちらに質問攻撃が… sc06
まずは国語辞典を使いこなすようになってもらわないとね~
  
2007.12.26 
今季の寄せ植え第2号です。
植えつけたのは10月末頃。
ビオラ『エンジェル ローズピコティ』×2、バコパ、ガーデンシクラメン、マートル。
20071027200020.jpg

現在の様子がこちら。
2007.1221Gシクラメン寄せ植え_R
それぞれが大きく成長して、賑やかになってきました♪
ただし、バコパが予想以上に生育旺盛なのです。
メインのビオラとガーデンシクラメンが圧倒されちゃってます

2007.1221Gシクラメン寄せ植えのARP_R
思うように育たずやきもきさせてくれた『エンジェル ローズピコティ』ですが、やっとここまで大きくなり、花を絶やさないようになってくれました
もっと花が沢山咲けば、この寄せ植えもずっとバランス良くなるでしょう。
花がいっぱいになるのは後もう少し?春までお預け?
楽しみに待っていますおめめきゅるきゅる


  
↑ブログランキング参加中です。
応援クリックよろしくお願いします♬
2007.12.21 
ブログの更新が滞っています。
パートの仕事で疲れているのと、特にネタが無いのと…sc06
って事で、しばらくは今季の寄せ植えの成長具合を紹介しようと思います。

まずは今シーズンの寄せ植え第一号について。
10月下旬に植えつけたものです。
ビオラ『フルーナ パープルフェイス』2株、ハツユキカズラ、セリッサ 。
20071019142143.jpg

こちらが今日の様子です。
2007.1220FPF寄せ植え1号_R
ビオラが大きく育ち、よく花を咲かせています♪
その反面、ハツユキカズラの元気があまり無いような…
そして、このビオラ『パープルフェイス』の花色にも変化が生じてしまいました。
カタログ通りの紫×白のものと、白の部分が薄い紫色のものの両方が咲いています。
2007.1220FPF白_R  2007.1220FPF紫_R
この色の違いは何が原因なのでしょう?
できればカタログ通りの花色で統一して欲しいところです。

☆おまけ☆
花色の事で『神戸ビオラ ジャルダン』についても。
2007.1220神戸ジャルダン正_R  2007.1220神戸ジャルダン変_R  
二株のうち、ひとつはもともとの花色(左)、もう一方が違った花色(右)で咲いています。
そして写真ではよくわからないですが、下3枚の花びらが本来は薄いクリーム色であるはずが、だんだん黄みが濃くなってきているように感じます。
色の変化の原因は、気温が下がってきたからなのでしょうか?
こちらも本来の色で咲いて欲しいと強く願っているところなのです。


  
↑ブログランキング参加中です。
応援クリックよろしくお願いします♬
2007.12.20 
昨日は息子の通う幼稚園のお遊戯会がありました。
日曜に園行事があるのは珍しいことなのです。
会翌日の今日は代休なのです。
なんだか調子が狂うのですsc06

閑話休題。
息子が出たのは、おゆうぎ「きみに会えてうれしい」でした。
家ではほんの少しだけ踊って見せてくれていましたが、当日までの秘密だと言って、全ての振り付けは教えてくれませんでした。
ですから本番を見るまでは、息子がちゃんと踊りきれるのか少々疑わしく思っていました。
ところがです!
息子は最初から最後まで、ひとつも間違えず踊りとおしたのでした。
これには本当に驚きました。
外では大人しい息子のこと、もじもじしながら立ち尽くすのでは…なんて想像していたのです。
ところがところが、年少児の中でも一番幼い我が息子が、お友達と一緒にあんなに立派に踊れるとは!
予想外の息子の成果には、嬉しさと驚きの両方を強く感じたのでした。
いえ、正直言って息子を誇らしく思いましたegao(親バカです)。

そうそう、息子が歌う「きみに会えてうれしい」はマイナーで物悲しいメロディーでした。
だからしっとり系の曲なのだなと思っていました(演目として、地味めなのだろうな~と)。
ところが、実際は楽しげな明るい曲だったのです。
この点も予想外の嬉しいことだったのでした☆

ちなみに、衣装は↓こんな風でした。
2007.1209お遊戯会_R
夏の制服にポンポンを持つ…とお知らせにあったので、なんだか地味な衣装だなぁとガッカリしていたのですが、意外と可愛いものでした。
ラッキー♪
今年は若い先生が多いからか、全体的に衣装が煌びやかで可愛かったような気がします。
踊りの振り付けや構成にも、目新しさがあったように思いました。
来年息子はおゆうぎと劇の2つに出ることになります。
どんな衣装なのか、どんな役なのか、今からとっても楽しみなのでございます。
(やっぱり親バカえへへ・・・
2007.12.10 
今日は娘の小学校で学芸会がありました。
1年生は二つ(3クラスずつ)に分かれて、劇をやりました。
娘のグループがやったのは「こぶたのきょうだい」。
20071201221347.jpg
「3匹のこぶた」を大人数向けにアレンジしたお話でした。
主役のこぶた達やオオカミ達を大勢で演じる、とても賑やかな劇です。
歌や踊りもあって、すごく楽しんで観る事が出来ました。

20071201221355.jpg  20071201221403.jpg
娘は夏風・秋風を演じました(↑ちびっこいのが娘です)。
台詞の声が小さくなってしまったけれど、ニコニコと楽しそうだったので嬉しかったです。
幼稚園の時は緊張のせいか何をやっても無表情でしたが、今回の劇での娘のいきいきとした様子を見て、「成長したな~」と思ったのでしたおめめきゅるきゅる

20071201221412.jpg
劇のお終いには「こどもの世界」を合唱。
みんなで大きな口を開けて、全身で歌っていました。
なんだかとても可愛かったです

会場は体育館で、舞台に近い前方には入れ替わり制の保護者席が設けてありました。
娘の演目にはその保護者席に座ったのですが、床に直座りだったため足が痺れてしまいましたsc04
お尻も痛かった…。
来年は後方の一般席(パイプ椅子)で観ようかな~sc06
2007.12.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。