上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
昨日は息子の幼稚園で一日入園がありました。
先生達と一緒に手遊びなどをし、年中のお兄さんお姉さんとフォークダンスも踊って、幼稚園の雰囲気を楽しむ1時間…なのですが、息子はいつもの通り私から離れられませんでした
ずっと私の膝の上に座りたがり、手遊びなども拒否。
挙句の果てには持って行った絵本を読めとせがむ始末
まったくもう!

でも後半は少しずつ積極性を見せてきて、紙芝居を読んでもらう輪に近づいて行けました(私と一緒に、でしたが)。
白いまん丸おばけちゃんの出てくる、クイズ形式の紙芝居だったのですが、息子はお話が楽しかったようで「おまんじゅー!」とか「だぱー!(ばかの意)」とか大きな声を出し、嬉しそうに顔を輝かせていました。
よかった

最後のおやつでは積極性がピークになり、一人で先生の所へお菓子をもらいに行き、食べ終わった包み紙を返しに行く事も出来ました。
流石に食べ物の事となると、母の助けは不要なようで…にがわらい
その後さようならの挨拶をして、おみやげの風船を頂いて帰宅。

参加していたお母さんを数えたところ、私も含め47名だったようです。
この会に参加出来なかった子も居たとして、次の年少児は50名前後でしょう。
一クラス25人程なら、先生の目も届いて丁度良い按配かもしれません。
我が家のわからんちん坊主も、何とか幼稚園生活に馴染んで行けそうかな。

娘の入学も含め不安が大きいですが、自分ひとりの時間が持てる喜びも大きいです。
子供達が新生活に慣れる頃(夏休み頃)まではのんびりするつもりでいます。
ひとりだと掃除等の家事ははかどるし、録画してたまってる映画も観れる…。
あ~、た・の・し・み!
 

☆余談☆

先日息子を連れて銀行に行きました。
用紙に記入していて目を離した隙に、息子がとんでもない事をやらかしました。

何と、隣に立っていた見知らぬ男性のお尻を叩いていたんです…

慌てて止めさせ、平謝りに謝りました。
その男性は心の広い方だったようで、「あはは、誰と間違えたのかなぁ~?」と笑って済ませて下さったので救われましたが、息子は誰か親しい者と間違えた訳では無いと思います。
その男性は長身で、脚の長い方でした。
私も夫も親類縁者も、そんなロングレッグスは持っていません。
息子はただ単に、目の前にお尻があったからぺしぺしと叩いたのでしょう。
条件反射です。

息子が尻をたたくのは、いたずらではなく甘え行動です。
愛情表現の一つなんです。
とは言え、この悪癖が長く続かない事を強く祈っておりますです…
スポンサーサイト
2007.03.01 

Secret

TrackBackURL
→http://gyunama.blog49.fc2.com/tb.php/115-058efac3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。