上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
先週金曜は娘の卒園式がありました。
娘が園の制服を着るのもこれで最後。
どうしても淋しい気持ちが強くなってしまいました。
夫も「ずっと幼稚園の年長のままだったら良いのに…」なんて、しんみりしちゃったりしてにがわらい

娘本人は、サバサバと言うか、特に淋しく思っていないようでした。
まだ「お別れ」がどんな事なのか、理解していないのかもしれません。
お友達や先生達ともう二度と会えなくなるかもしれない…。
これを実感するのはもう少し先のことなのかな。

式はなかなか感動的でした。
卒園証書を受け取った子供達が、次にそれを母親に手渡すという演出があり、これには少しウルルっとしました
ところが、息子を連れて行ったものですから、式の後半は外に出たがる息子をなだめるのに精一杯で、しんみりする暇もありませんでした
(狭いお遊戯室が会場だったので、身動きが取れなかったんです。出入り口付近に立ち場所を確保すべきでしたsc04
式には年中さんも出席し、送辞と歌を贈ってくれました。
卒園児達は答辞をひとり一言ずつに分けて述べました。
娘の台詞は「思えば桜花咲く4月」。渋い!
一番人気の台詞は「ぺったんぺったんとついた(餅つき大会)」だったようで、年中さんも一緒になって「ぺったんぺったん」と声に出していたのが可愛かったです

式後は年少さん年中さんが両脇に立ち並んでくれた花道を、娘と一緒に通って送り出されました。
可愛らしい声で「おめでとー!おめでとー!」と言ってもらえて、この時も少しウルルル…
それから担任の先生やお友達と写真を撮ったりして、別れを惜しむ…はずが、娘は写真を少し撮ったら「もう帰ろう」と。
お昼は回転寿司に行くと約束していたので、お別れよりもお寿司の方が大事だったようですsc06
何だか慌しく過ぎた卒園式でしたが、当日はお天気に恵まれて、とても良い一日でした。
お寿司も美味しかったですはーと
スポンサーサイト
2007.03.18 

Secret

TrackBackURL
→http://gyunama.blog49.fc2.com/tb.php/122-2cb1bdaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。