上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
今日は娘の入学式がありました。
意気揚々とこの日を迎えた娘ですが、いざ教室に入ると緊張で顔色を無くしていましたにがわらい
娘の願いが叶って、仲良しのお友達と同じクラスだったのですが、その子と席が少し離れているのが不安だったようです。
幼稚園が同じだった女の子二人に、同じマンションの子やご近所さんもクラスが一緒だったので、子供以上に親の私がホッとしました。

式では子供達の顔は見えませんでしたが、後姿を見るだけでも緊張している様子が伝わって来ました。
小さいながらも、厳かな雰囲気や大勢の人たちに気圧されたりしたんだろうなぁ。
新一年生は大人しく前を向いて座り、とても立派に式に臨んでいたと思います

式が終わり、各クラスでのお話などが済んで、初めての集団下校です。
登校班ごとのグループがグランドに集まり、順に帰路につきます。
大きな歩道橋を二つも渡る、片道30分の長い通学路です。
一年生だけの下校が最大の不安なんですよね…。
子供達が登下校の大変さに馴れるより、親の肝が据わる事の方に時間が掛かりそうです

さあ、新学期がスタートです!
まだ済んでいない名前付けを仕上げなくちゃ(まだ済んでないんです…)。
娘よりも私のほうが準備不足で心構えもなっておりませんです~

   
以前このブログに「小学校の給食では除去食を出してもらえる」と書きましたが、実際に役所の方に確認した所、除去対応はしていないと知りました。
隣の市ではちゃんと除去食を作っていると聞いていたので、当然この市も…と、勝手に思い込んでいました…。
センター給食では少数を別に作る事は難しく、また、多品目のアレルギーがある子には対応しきれず、差別につながってしまうと言うのが理由だそうです。
事実を確認したのが1月末でしたでしょうか。

娘には期待させていたので、事実を伝えるのは辛かったのですが、意外とすんなり諦めてくれました。
とりあえず食べられるものは食べ、無理なものはお弁当にすると言う案に賛成してくれました。
いい加減な話をしてぬか喜びさせてしまい、娘には悪い事をしました…。反省しています。

だけどさ、何なのよ学校給食って。
最近給食費を滞納する保護者が増えていて、社会問題化していますが、給食費を払う気の無い家庭の子には給食を提供するのに、理由あって食べられない子供には提供する気ゼロって…。
目茶苦茶だよ。
実際、この市でも給食費を払わない親が少なからず居るらしいのだ。
(某小学校の入学説明会で、何割かの家庭が滞納していると発表したらしい。)

もちろん、食アレがマイノリティである事は分っている。
自分達で対処するべきで、他人に期待するのは筋違いだと承知している。
だけどさぁ~。
アレルゲンを接種できないハンデ、さもしい保護者を持つと言うハンデ。
前者は切り捨てて後者は保護か。
そりゃ、昼ごはんを食べられない子が出ちゃ可哀相だもんね。
皆同じようにおなかいっぱいにしてあげたいよね。
ああ、素晴らしき平等意識!
差別は良くないですもんね~!
スポンサーサイト
2007.04.07 

Secret

TrackBackURL
→http://gyunama.blog49.fc2.com/tb.php/136-e6253285
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。