上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
オンシツコナジラミが大発生してしまった我が家のベランダですが、まだまだ植物にとり付いていて、その数は減っていません。
駆除は試みました。
込み合っていた葉をすいて、石鹸水を散布、木酢液も少々(黄色い粘着シートは、近所では手に入らず)。
ところがあまり効果は無かったのです。
特にランタナの被害が酷く、枯れはしないものの元気が無い状態です。
寄せ植えにしているツルニチニチソウは枯れ始めています。
20071017203402.jpg
と言うわけで、この寄せ植えを解体し、元気のあるものを残してあとは処分する事に決めました。
ランタナとツルニチニチソウは掘り起こしてすぐにゴミ袋に。
病気になっていると見えて、ところどころに白いもの(カビ?)が付着しています。
20071017203429.jpg

コニファー『ウィルマ』は、新しい寄せ植えに使います。
一緒に植えるのは新規購入のハツユキカズラ♪
スペースに余裕があるなら、種蒔きビオラも植えつけちゃおうかな♪♪
20071017203447.jpg
…と思っていたのですが、コニファーにもコナジラミが沢山付いていました。
気付かなかった…
しかも、根本にはこれまた白いものが見られます。
20071017203417.jpg
こちらも病気でしょうか?やっぱり処分した方が良いのか…。
楽しい寄せ植え計画が頓挫してがっかりなのです。

さて、駆除を施して唯一コナジラミが減ったのが、クリスマスローズです。
20071017203437.jpg
痛んだ古い葉は除いたので若葉のみになっています。
葉っぱに元気が無いように見えて心配ですが、復活してくれるかな…。


  
↑ブログランキング参加中です。
応援クリックよろしくお願いします♬
スポンサーサイト
2007.10.17 

Secret

TrackBackURL
→http://gyunama.blog49.fc2.com/tb.php/217-ec59dfab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。