上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
昨日は午後から娘の就学時健診があり、入学予定の小学校に行ってきました。
受付→歯科検診→内科検診→聴力検診→視力検診→知能検査
と、1時から5時頃までの間に5つの健診・検査が行われました。
親は聴力検診まで子供に付き添っただけで、後は体育館で待機だったのですが、何故かすごく疲れました。7年も専業主婦をやっていると、数時間の拘束がこうも苦痛になるのか、と驚く程でした。

子供達は付き添いの親以上に疲れたでしょうが、憧れの小学校に来ているという興奮は大きかったようで、皆生き生きとした表情をしていました。
娘もあと半年ほどで新一年生か…。うーん、感慨深いですね。

さて、現在その小学校の児童数は八百数十名。今の6年生の数は百二十数名だそうです。そして、娘達の学年は百八十名程になる予定とのこと。
西暦2,000年生まれ、いわゆるミレニアム・ベイビーが多いと言うのと、この辺りに集合住宅が新たに建ち続けていると言うのが子供の数が多くなっている理由のようです。5年後には全児童数が千人を超すだろうと先生は仰っていました。

私が通っていた小学校は人数が少なく、一学年一クラスで、児童数は二百名程だったと思います。記憶がおぼつかない頃からの幼馴染み達との、密な空間での小学校生活でした。
校舎は古い木造で、窓枠も木だったし、床には踏み抜かれた穴があったりもしました。(昨年度で廃校になりました。TV番組の企画で元FBI捜査官がやって来て、ダウジングで過去のタイムカプセルを探した…という逸話も有り)

娘が小学生となった時、友達作りで悩んだとしたら、私は果たして相談に乗れるのだろうか…?
あまりにも環境が違いすぎる。少し不安を感じてしまいました。

でも、小学校の雰囲気は自分の子供の頃とそんなに変わらず、懐かしくも感じました。特に図書室!あの、独特な匂いが何とも言えずよかったです。
これから娘はこの学校で学び、遊び、泣いて笑って喧嘩するのねと思うと、何だかわくわくしてきました

娘の小学校生活が、楽しい思い出のいっぱい詰まったものになりますようにと願っています。
スポンサーサイト
2006.09.30 

Secret

TrackBackURL
→http://gyunama.blog49.fc2.com/tb.php/23-eb99001a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。