上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
昨日は息子の通う幼稚園のお遊戯会がありました。
日曜に園行事があるのは珍しいことなのです。
会翌日の今日は代休なのです。
なんだか調子が狂うのですsc06

閑話休題。
息子が出たのは、おゆうぎ「きみに会えてうれしい」でした。
家ではほんの少しだけ踊って見せてくれていましたが、当日までの秘密だと言って、全ての振り付けは教えてくれませんでした。
ですから本番を見るまでは、息子がちゃんと踊りきれるのか少々疑わしく思っていました。
ところがです!
息子は最初から最後まで、ひとつも間違えず踊りとおしたのでした。
これには本当に驚きました。
外では大人しい息子のこと、もじもじしながら立ち尽くすのでは…なんて想像していたのです。
ところがところが、年少児の中でも一番幼い我が息子が、お友達と一緒にあんなに立派に踊れるとは!
予想外の息子の成果には、嬉しさと驚きの両方を強く感じたのでした。
いえ、正直言って息子を誇らしく思いましたegao(親バカです)。

そうそう、息子が歌う「きみに会えてうれしい」はマイナーで物悲しいメロディーでした。
だからしっとり系の曲なのだなと思っていました(演目として、地味めなのだろうな~と)。
ところが、実際は楽しげな明るい曲だったのです。
この点も予想外の嬉しいことだったのでした☆

ちなみに、衣装は↓こんな風でした。
2007.1209お遊戯会_R
夏の制服にポンポンを持つ…とお知らせにあったので、なんだか地味な衣装だなぁとガッカリしていたのですが、意外と可愛いものでした。
ラッキー♪
今年は若い先生が多いからか、全体的に衣装が煌びやかで可愛かったような気がします。
踊りの振り付けや構成にも、目新しさがあったように思いました。
来年息子はおゆうぎと劇の2つに出ることになります。
どんな衣装なのか、どんな役なのか、今からとっても楽しみなのでございます。
(やっぱり親バカえへへ・・・
スポンサーサイト
2007.12.10 

Secret

TrackBackURL
→http://gyunama.blog49.fc2.com/tb.php/235-7aa67fd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。