上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
もう10月。
そろそろ花の植え替えがしたいので、古い土の処理を始めました。面倒くさいけどやらねばなりません。

ツバメ朝顔はまだ種を育てたいので保留。
トレニアもまだ健気に花を咲かせているので、早く鉢を空けたいところだったけど保留。
このトレニア、植えるのが遅かった事もあって真夏にはあまり花を咲かせなかったのですが、9月になってやっと綺麗に咲くようになったんです。お盆には水を切らしてしまったし、台風でも葉っぱを枯らしたのに、持ちこたえている姿は本当に健気です。

トレニア


姿が乱れて花つきの悪くなったペチュニアは処分。それで出た土と、先日植え替えたカレンソウとアロエの古い土を今回処理したわけです。

荒い目のふるいにかけて、根っこを取るだけの簡単なやり方でしたが、なかなか疲れます。
↓こんなかんじ。白いものは底に敷くゴロ土代わりの発泡スチロール片。
土の処理1

根っこを取り除いた土に『古い土を蘇らせる土』を混ぜておしまい。
土の処理2


そして処理の終わった土を早速使用。
休眠させていた水仙の球根を掘り起こし、分球したのを植え直しました。
水仙の球根

夏越し一年目なので、今回は花が咲かないかもしれません。球根を育てるつもりで一冬世話をしていこうと思っています。

次はパンジービオラ等、秋から春にかけて植える植物を考える段です。品種は何にするか、どんな風に寄せ植えするか…。
楽しくて仕方ないです
苦あれば樂ありってところですかね。
スポンサーサイト
2006.10.02 

Secret

TrackBackURL
→http://gyunama.blog49.fc2.com/tb.php/25-962503ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。