上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
また久し振りにメダカ達のことを。

10日程前、子メダカを小さめ・大きめの2グループに分けて、プラスチックのタライに引越しさせました。
最初のうちは生き生きと泳ぎ回っていた子メダカ達ですが、日が経つとその数が激減…
pHショックってやつでしょうか?
特に小さめ子メダカは30匹近く居たのに、数匹に減りました。
大きめ子メダカは2匹程減っただけで済みました。やはり大きくなっているだけに、強かったのかもしれないですね。
子メダカ大2匹
↑大きめ子メダカの中でも、メダカらしい体形の2匹。
(クリックすると大きくなります)

そこで昨日、生き残っている小さめ子メダカを大きめ子メダカのタライへと移して、子メダカ達をひとつのグループにまとめました。
そして、大人メダカを睡蓮鉢から元小さめ子メダカタライへと引越しさせました。
睡蓮鉢の方を掃除し、赤玉土を敷き(今まで土無しだった)、6匹の大人メダカを3匹ずつに分けようと思ったのです。
今はまだ6匹ともプラタライ水槽に居ますが、寒くなったせいか、じっとしていてほとんど動きません。水草の下に隠れています。
大人メダカ@プラタライ  大人メダカの様子
大人メダカの様子。見えるかな?↑

寒さゆえに動かないだけだよね?
小さめ子メダカ達がバッタバッタと☆になった後の水槽だけれどさ

……死の水槽

なわけ無いよねぇ。まさかねぇ。はははは。
いや、結構心配だったりします
て言うか、メダカの寿命って1~2年らしい。
大人メダカは冬越し無理かも?
てことは、☆になった大人メダカ達を処理する必要が出てくるわけだ。
サカマキガイ達に任せてばかりはいられないのだろうか…。
うーむ。
スポンサーサイト
2006.11.06 

Secret

TrackBackURL
→http://gyunama.blog49.fc2.com/tb.php/49-b26598a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。